上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
大地震があって
毎日、数回の余震(とはいえ、毎回デカイ)に耐えて日々を送ってきました。

災害情報を流すTVがずっと消せないでいた毎日。
部屋に戻って寝るのが恐くて
一晩中、TVを観ていたあの日。

揺れの大きさだけあって、ひどい状況の被災地。
地震、津波、原発・・・・
本当に本当にすごい災害です。

揺れを感じながらムカムカ気持ち悪くなったり
計画停電のために信号機が全て消えてしまい
信号機のない道路のなんと恐ろしかったことか。

ガソリンが買えない!
パンが消えた!
カップ麺が、スーパーやコンビニの棚から消えた!
納豆が消えた!
トイレットペーパーやティッシュが消えた!
乾電池、ろうそく、懐中電灯が商店から消えた!


こんなに遠く離れた千葉で
みんなそんなに焦って買い占めなくてもいいのに・・・

どの車も異常に汚れ、普通の水洗いでは落ちない何かが
べったりとくっついている。(これは未だに何かわからない・・・)
原発の爆発の翌日の、晴れているのに突然降る雨・・・
あの後から車は汚れてしまった。
車の汚れの原因については、誰も何も言わないから
私も色々原因を考えてみたけど
恐いからそっとしとく。

津波で大勢の人が流され、本当に可哀そうだと思っています。
残念だったろうな。。。って、
皆の事を思うとやり切れません。
人間の命の大切さは十分わかっている。

流された家の庭にはたくさんの犬が繋がれてただろうに・・・
流された家の中にはたくさんの猫がいただろうに・・・
外にも中にもいろんな動物がいただろうに・・・
籠に入れられた小鳥、籠から出られてたらきっと流されずにすんだろうに・・・
つらいね。


今日、80歳のおばあちゃんと16歳の男の子が潰れた家の中から
救助された。
10日あまり、何を思っていたのだろう。
強い人たちだね。
本当に嬉しい。

まだまだいくつかの命が救助を待っているかもしれないね。
なんとか助かって欲しいものです。

被災地の皆を、とりあえず少しでもあたたかい地域に
全員移送して欲しい。
赤ちゃんや小さい子供は訳がわからないだろうに。


私に何が出来るのか
毎日、仕事に追われながら
考えている。
まずはお休みが終わったら
銀行で義援金を送金してこよう。

2011.03.21 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。